大切な人が亡くなったら専門業者に委託!遺品整理のススメ

第三者へ任せる

人が亡くなった後の部屋が賃貸物件の場合は、早く元通りにしなければなりません。しかし、ショックで手が止まったままなのであれば、自分で行なうのではなく、専門業者に依頼するといいでしょう。

葬儀に必要な3原則

ろうそく

一般的になりつつある埋葬法「散骨が人気の理由」

宗教によって大きくことなりますが、仏教徒の教えとして人や動物が死んでしまったら火葬をすることが普通のことでした。しかし、人によっては海に流してほしいと思う方もいるので、散骨を知っておくといいでしょう。

READ MORE
ダンボール

手が空かないなら遺品整理をしよう《賢い選択》

荷物が多いとなかなか遺品を片付けることができませんし、自分で行なうとついつい他のものに目がいってしまって作業がストップすることも考えられます。しかし、プロに依頼することで、スマートに処分をすることが可能です。

READ MORE
風呂敷

香典返しに付いているサービス一覧~お得に利用するコツ~

葬式の際に頂いたお金は物に代えて必ず送らなければなりません。ですが、人間関係が希薄になった現代ではそのようなシチュエーションがあまりないので、どういったものがあるのか覚えておくといいでしょう。

READ MORE

利用するなら

遺品整理業者のサービスは地域や店舗によって、それぞれ違いがあるので、どのようなものがあるのか調べておくといいでしょう。そうすることによって、お得に利用することができるようになるのです。

オプションサービスが目白押し

査定方法

遺品整理にかかる料金を算出する手段として、見積もりがありますが、今ではスマートフォンのカメラで部屋の荷物の写真を撮影して送信するだけで査定をしてくれる業者がいるので、試してみるといいでしょう。

遺品供養

物には霊魂が宿るとされていて、それぞれ供養をしなければ使うことができないと思う人もいるでしょう。しかし、遺品供養をしてくれる業者を探すことによって、モヤモヤを解消することが可能です。

骨董品買取サービス

故人の使っていたアイテムがまだ使えそうな場合は、骨董品を現金化することができるようになっています。しかも、高額買取をしてもらうこともできるので、このようなオプションがあるところを見つけるといいでしょう。

消臭や消毒

一人暮らしの方で遺体の発見が遅かった場合は、悪臭が部屋を包み込んでしまいます。また、害虫が住み着いている恐れもあるので、大家さんからクレームが来る前に専門業者を呼んで解決しておくといいでしょう。

専門業者の決定打

本当に見積もりが無料でした

以前利用したところは、見積もり一切費用がかかることはないと掲載していたのにも関わらず、電話で振り込むようにと言われしぶしぶ現金を払ってしまいました。しかし、こちらはそのようなことがなかったので、安心できました。

追加料金がなかった

査定といっても私が高騰で伝えただけでしたので、いくらか上乗せをされるのではないかと内心ビクビクしていました。しかし、追加料金の話は全くなく作業を終えたスタッフが帰っていかれたので、その真摯さに感心しました。

丁寧な作業をしてくれた

経験が浅い人が長時間自宅に居られたら自分の用事ができなくなるのではないかと思っていましたが、経験豊富なスタッフばかりが集結していたので、ほっと胸をなでおろすことができました。また依頼しようと考えています。

いつでも対応してくれる

僕の休日が点でバラバラだったので、土曜日や週末でも快く引き受けてくれる業者を探していましたが、なかなか見つかりませんでした。しかし、平日以外でもOKとおっしゃってくれたので依頼しました。感謝しています。

[PR]神奈川で散骨供養をしよう
事前に料金をcheck!

[PR]香典返しなら通販サイトで買おう
無料オプションが満載☆

丁寧に作業をしてくれる遺品整理の達人【あっという間に片付く】

葬儀

プロに頼む

富山県にある賃貸物件で誰かが亡くなられたのであれば、まずは葬儀をしなければなりませんし、それと同時に遺品整理をしなくてはなりません。しかし、呆然とした状態で手が動かなかったり、自宅から遠い場所にあってなかなか行けなかったりすることもあることでしょう。そういった場合は、専門業者に依頼することによって、全てを解決させることが可能です。

変わりゆく葬儀

葬式をするなら埋葬が一般的となっていましたが、今では散骨をしたいと思っている方が多くなっています。それを実行するためには、神奈川県にある専門家に頼まなくてはならなので、電話をしてみるといいでしょう。そして、どのような式をしたとしても香典を貰ったのであれば、必ずお返しをしなくてはなりません。香典とは、亡くなった方の近親者を葬儀に招いた時に受け取るものをいいます。その方法として、忌明けにお礼の手紙とともに渡すのが一般的となっています。そして、費用はだいたい500円から2000円の品を目安とするのがベストです。香典返しの準備に時間がないという場合はインターネットを活用すると良いでしょう。インターネットでは香典返しにおすすめの商品が紹介されているので参考にすることができます。また、特に人気を集めているものがカタログギフトになっており、香典返しをする相手の好みがわからない場合でも安心してお返しすることができるでしょう。